貯金・定期預金

【地方転勤OK】転勤族におすすめ!いつでも・どこでも使える銀行戦略

こんにちは。テンです。
今回は、私の転勤経験をもとに、転勤族にぴったりの銀行口座をご紹介します。

転勤族の方は、王道の「ゆうちょ銀行」をメインにしている方も多いのではないでしょうか?
実は私もその一人でした。

先日、ゆうちょ銀行の送金手数料が高かったことをきっかけに、銀行を見直したところ、①全国どこでも使えて数料が安いネット銀行がたくさん見つかりました!

そこで、銀行の見直しの参考に、情報をまとめました。

転勤族の銀行戦略

転勤族だけでなく、サラリーマンの多くは3つの銀行口座を持つことになります。

サラリーマンが作ることになる銀行口座

  1. 給与振込口座
  2. 出張費等の清算口座(必要ない会社もあります)
  3. 貯蓄用口座

①給与振込口座

・給与の受け取りと、生活費(水道光熱費等・・・)の支払いに使います(別名:「生活口座」)。

・全国どこでもATMがある銀行が望ましいですが、会社から不便な銀行を指定された場合は、毎月引き出したい金額を③の「貯蓄用口座」へ毎月定額を送金しておくと便利です(ちゃんと手数料無料の銀行があります!)。

・利用できる銀行が会社に指定されていることが多いです。

・ネットで明細を確認できる銀行が望ましいです。

②出張費等の清算口座(必要ない会社もあります)

・出張費等の清算のための口座です(会社によっては不要です)。
※給与振込口座だけで良い場合は作らなくてOK。

・利便性は不問。
この口座は、基本的に出金せず次回の引越し費用の一部に充てるのが無難です。

※給与振込口座と同様に、利用できる銀行が会社に指定されていることが多いですが問題ありません。

・給与振込口座と同様に、ネットで明細を確認できるのが望ましいです。

③貯蓄用口座

・資産形成目的で作る口座です(仕事用の口座とは無関係!自由に作ります。)。

・ATMが便利な銀行を選ぶ。

・①の給与振込口座から、毎月定額を送金しておくと便利です。

給与振込口座→貯蓄口座へ送金する金額

①資産形成用の資金
②生活用に必要な現金の額

転勤族におすすめの銀行

転勤族におすすめの銀行の条件

転勤族におすすめの銀行の条件

  1. 「無料・定額振替サービス」があること。
  2. ゆうちょ銀行のATMから無料で出金できること。
  3. ネット銀行であること。

▼おすすめの理由

①ネット銀行の中には、他の銀行の自分名義口座から、毎月定額を振り返るサービスがあります。当サイトではこのサービスを「無料・定額振替サービス」と呼んでいます。

会社指定の銀行が、不便だとしても、手数料0で資金移動できれば、最も便利な銀行をメインで使うことができます(下図参照)。

②ゆうちょ銀行のATMは全国どこにでもあり、昔から転勤族の定番です。
そのため、ゆうちょ銀行ATMから無料で出金できることは、転勤族にとってマストです。

③ネット銀行は、住所変更等の手続きがネットでできるため、引越しの多い転勤族に合っています。

「無料資金移動サービス」を利用した銀行運用の例

定額振り込みを利用した銀行運用例定額振り込みを利用した銀行運用例

「無料・定額振替サービス」のある銀行の比較

[table id=3 / column_widths=”10%|18%|18%|18%|18%|18%|” /]

転勤族の銀行戦略

定額振り込みを利用した銀行運用例定額振り込みを利用した銀行運用例

生活口座

おすすめ1:住信SBIネット銀行

ゆうちょ銀行のATMが使える!
・30万円以上預けておけば、月に5回までATM出勤手数料無料
・30万円以上預けておけば、月5回まで他行宛の振込手数料無料
・「目的別口座」を作ることができるので、「残高のうち〇〇円は・・・のために残しておく」ということができる。
→「立替払い口座」を作り、立替払いと、立替払いの清算をやりくりできる(赤字・黒字のチェックがしやすい)。
・ポイントプログラムがあり、給与振込口座にするメリットあり。

おすすめ2:ジャパンネット銀行

ゆうちょ銀行のATMが使える!
・3万円以上の引出なら、いつでも、何度でも手数料無料。
ポイントサイトi2iと組み合わせると、i2iに毎日ログインすれば年間360円、毎日ガチャを回せばそれ以上にポイントバックが可能。→利息以上のメリットあり。

※ 「i2i」は、ここから登録売るとボーナスポイントがつきます▼1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

https://gadgeinfo.com/wisdom-for-everyday-life/i2i-and-japannet/

貯蓄口座

おすすめ:イオン銀行

ゆうちょ銀行のATMが使える!
・クレジットカード「イオンカードセレクト」を作り、ネット銀行登録や、毎月500円以上の積立定期をすれば、優遇金利(0.05%)となる。
普通預金の金利がネット銀行の中でも高いほうなので、まとまった金額を預けるならイオン銀行がお得。

「自動入金サービス」を利用しなくても、時間内にゆうちょ銀行のATMで入金、出金をすれば余計な手数料を支払わずに給与振込口座から資金移動が可能。

現実にご注意!

転勤は、上場企業や公務員等、伝統や慣習に縛られている会社に多いです。
ネット銀行を給与振込口座等に指定できない場合もあります。

その場合は、給与振込口座は会社から指定された銀行にしておき、「無料・定額振替サービス」を利用してメイン銀行に資金移動すれば、便利に銀行を利用できます。

定額振り込みを利用した銀行運用例

私の職場はネット銀行へ給与を振り込むことはできなかったため、会社から指定された銀行リストから選んだ銀行を使っています。

ネット銀行が使えるようになったら、より便利に運用していきたいです。