節約術・貯金

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

☑ 格安SIMのメリット
1 月々の支払金額が安い
2 電話番号を変えずに乗り換えができる
3 契約内容がわかりやすい

メリット1 月々の支払金額が安い

格安SIMに変える最大の魅力安さ✨です。
私の場合、家族2人で大手キャリアを利用していた頃は、月に約2万円の支払いをしていました(使用端末:スマホ2台、タブレット1台、家ではPCやゲームをネット接続)。

これを、格安SIM+低価格の光回線に変えただけで、月々の支払いが約7千円になりました。

月に1万3千円も節約することができました✨
これは、年間で15万円もお得になった計算となります。
この事実こそ、私が格安SIMをおススメする最大の理由です。

メリット2 電話番号を変えずに乗り換えができる

格安SIMも、電話番号を変えずにキャリアを変更することができます。

もちろん、MNP(電話番号をそのまま使用する手続き)には手数料がかかるため、このサービスを利用しなくてもOKです。

電話番号が変わると、職場、友人、各種サービスへの登録変更依頼が必要となるため、電話番号がそのまま使えることはとても便利です。
そのため、MNPはぜひ利用してほしいサービスです。

メリット3 契約内容がわかりやすい

格安SIMは契約内容がシンプルなものが多いです。
通信3GBまで、かけ放題(10分以内の通話)などです。
通信容量を細かく調整できたり、通話料金も使った分だけの支払いにすることも可能です。

プランがシンプルだと無駄を把握しやすく、常にチェックすることがが可能です。

☑ 大手キャリアの複雑なプランで困ったこと

・通話プランと、データプランを組み合わせ方が謎(組み合わせ方が分かりにくい)
・色々な割引が混在(端末購入代金サポート、家族割、3か月無料のサービスを契約すれば〇円引き等)
・マイページが見づらいこと。マイページでは解約できないサービスがあること(店舗に行かなければ外せない)。

(結論:どうすればもっと安くなるか分からない😭)

格安SIMのデメリット

☑ 格安SIMのデメリット
1 店舗が少ない(ない)
⇒急な故障で機種変更する場合にとても不便
2 取り扱い機種が少ない・古い

デメリット1 店舗が少ない(ない)

格安SIMにも、店舗を持つ事業者が増えてきました(UQや、Y!モバイルなど)。
しかし、価格重視なら、店舗のない事業者が候補となります。

私がおすすめしているDMMモバイルも、店舗がありません。

☑ 店舗がなくて困ること
1 端末をすぐに入手することができない
2 対面で質問ができない

端末をすぐに入手することができない

店舗がなくて困るのは、端末をすぐに入手できないことです。
例えば、今使っているiPhoneが突然壊れても、端末が届くまでに時間がかかります。

最近は家電量販店の一角に中古のSIMフリー端末が置いてあるので、突然故障した場合手軽に買える機種で生活するか、数日間スマホなしで生活するかを選択することになります。

動作が悪くなったら、新しい端末を購入する準備を始める必要がある点が注意すべき点です。

対面で質問できない

チャットの向こう側には、スタッフの方がおり、質問には丁寧に答えてくれます。
そのため、店舗が少ないから気軽に相談できないということがありません。

(大手キャリアのほうが、店舗に行っても長時間待たされるので、相談しにくいと感じるかもしれません。)

契約初期から設定までの段階で質問したくなりますが、それを乗り越えれば店舗を必要と感じることはほとんどありません。

デメリット2 取り扱い機種が少ない

格安SIMでは、取り扱い機種がとても少ないです。
(古い機種や、中国や韓国製のもの等、性能が最高レベルじゃないものが中心です。)

格安SIMへ乗り換える際は、現在使っている端末をそのまま利用することをおススメします(そのほうが、高性能だったりします)。

性能重視で機種変更をする場合は、ネットでSIMフリーの端末を購入することがおすすめです。
※iPhoneはアップルの公式ストアで購入できます。

おすすめはDMMモバイル

格安SIMのおすすめはDMMモバイルです。

DMMモバイルは、業界最安値をうたう価格設定が魅力です。
しかも、1契約で、3枚までの通話SIMを入手することができます。
⇒1~3人で通信容量をシェアできます。

3人で契約し、Wi-Fiで家庭での通信容量を節約すれば、通信容量8G・4,080円(+通話料)(税抜き)で利用可能です。

▼公式サイトより、通話対応SIM3枚プラン・8Gの項目を参照

今ならキャンペーン中!

1月15日までの契約なら、月額基本料が9ヶ月間半額キャンペーンを実施中です😳!

なかなか見ないキャンペーンなので、解約月じゃなくても、1月15日までに入る価値はあります。

このキャンペーンで入っていたら、さらに安かったのね😂
いつ、どんなキャンペーンをするか分からないので、乗り換えを考えている方はキャンペーンを見つけ次第行動することをおススメします。