格安SIMとインターネット

5分でドコモからMNP転出!スマホ2台をMNPして分かったこと。

ドコモからMNP転出する方法

MNP予約番号を入手種する

ドコモからMNP転出する際は、電話での手続きがオススメです。
素早く簡単に対応してもらえます。所要時間は5~10分程度です(通話料は無料です。)。

ドコモ端末から 151」へダイアル(9:00〜20:00)
電話 0120-800-000」へダイアル(9:00〜20:00)
※ネット手続きは、
My docomoから
「My docomo」から「各種お申し込み・お手続き」

電話でのやりとり

電話をかける前に、準備しておくこと

準備しておくもの
紙、ペン(MNP予約番号・有効期限を書き取るため)

電話をかける人
契約者本人(代理人不可)

相手に伝えること
MNP転出する電話番号、ネットワーク暗証番号、MNPしたい理由、MNP転出先

手続き可能時間
9:00〜20:00

ドコモの「151」または「フリーダイヤル」(120-800-000)へ電話をかけ、MNP転出したい旨を伝えるだけでOKです。

オペレーターの方から、「MNP予約番号」と「MNP予約番号の有効期間」を電話で伝えられるため、忘れないようにメモします(MNP予約番号と有効期限をメールで送ってくれるサービスはありません)。

電話でのやりとり

1 本人確認

電話しているのが本人かの確認をされます。
電話番号、生年月日、ネットワーク暗証番号等の登録情報を聞かれます。
※ネットワーク暗証番号を忘れていても大丈夫でした。

2 ドコモからの引き止め

真面目に答えていたら心が折れるので(?)、準備していた回答を淡々と答えたほうが得策です。
ドコモ側から、dポイントが使えなくなること、月々サポートを使い切らないとともったいないこと、解約金がかかること等、「ドコモから去るデメリット」を色々と伝えられます。

⇒「理解しています。もう、次を決めてますので、結構です」と淡々と答えればOKです。

3 転出先、転出理由の説明

MNPしたい理由、どこへMNPするかを聞かれます。
⇒「ドコモをやめたい理由は料金です。転出先はまだ決めていません」と簡潔に答え得ればOKです。
※転出先を言っても良いですが、会話の糸口を与えないほうが所要時間が短くて済みます。

MNPするタイミングについて

ドコモは、毎月1日に契約をしていれば、月の途中での解約でも月額料金をまるごと支払うことになります。
MNP転出は、月をまたがないように注意しましょう。

MNP転出番号を取得するには、電話1本でOKです(所要時間5~10分)。
しかし、DMMモバイルへの申込~SIMが届く(郵送です)までに3~4日かかります。

⇒月末までに転出手続きを完了させるためには、月末までに1週間ほど余裕をもって毎月23日までにドコモの手続きを済ませておくと安心です。

DMMモバイルのシェアプランを利用する場合の注意点。

DMMモバイルのシェアプランは2台同時スタートはできません
まず、1台目を「シングルコース」で契約し、次に、SIMを追加して「シェアコース」にする流れとなります。

よって、MNP転出手続きは、1台ごとに行うことになります。

 

スマホ2台をMNPでDMMモバイルに乗り換える方法

手続きの流れ

1台目MNP転出
・MNP転出手数料3,000円(税抜)
・(違約金)

1台目 DMMモバイルのシングルコースで契約
・SIMカード発行手数料3,000円/枚(税抜)
・SIMカード準備料394円/枚(税抜)

2台目MNP転出
・MNP転出手数料3,000円(税抜)
・(違約金)

2台目 SIMカード追加(シェアコースに切り替わる)
・SIMカード発行手数料3,000円/枚(税抜)
・SIMカード準備料394円/枚(税抜)

解約・転入にかかる手数料(DMMモバイル公式ページより)。


解約月以外で転出すると、転出の際に多額の出費があります。
しかし、格安SIMに乗り換えるだけで月に7,000円ほどお得になるので、違約金を支払ってでも一刻も早く乗り換えることをオススメします。

DMMモバイルへ、2台同時にMNP乗り換えができないことにご注意を!

DMMモバイルへ、1契約で2つの電話番号をMNPで乗り換えるには、
1台目をMNPで乗り換えた後
②DMMモバイルのマイページより、2台目SIMを追加する手続きを行います。

DMMモバイル公式ページでは、乗り換え方法を次のように説明されています。

・お乗り換え(MNP)可能な電話番号は、新規お申し込み時に1契約につき1回線のみとなります。
・シェアコースの新規お申し込み時は、1枚目のSIMカードのみMNP転入が可能です。
2枚目以降のSIMカード追加によるお乗り換え(MNP)については方法が異なります。

ドコモから2台MNP転出をして分かったこと

端末ごとに解約月が異なる。スマホとタブレットの購入時期が異なる場合は違約金に注意!!

私の場合、スマホとタブレットの購入月が違いました。
この場合、それぞれの端末の購入月から2年後が解約月となるそうです。
⇒なんと、スマホとタブレットの解約月が違ったのです😵

「そもそもドコモさんとは10年以上のお付き合いですよね。本当に、タブレットに違約金が必要か確認してください」と交渉しましたが、結局タブレットの違約金を支払うことになりました。

・スマホとタブレット2台持ちの方は、それぞれの端末ごとに解約月を確認しておくことをオススメします。

・違約金の値下げ交渉はできません(機械的に処理される)。

ちなみに2台とも解約月でない場合、違約金は2倍になります🤯

15年以上ドコモと契約していたのに「2年縛り」の違約金を支払う羽目になるとは・・・解せぬ・・・

電話でMNP転出すれば店舗に行かずに手続きができてラク!

電話すれば、約5~10分で手続きが完了します。所要時間が短く、とってもラクでした!✨

店舗に行けば、待たされたり、スタッフの人に解約する旨を説明したり・・・と激しいストレスを受けることが考えられます。

店舗で聞かなければ不安💦という方も、まずは電話をしてみることをオススメします。意外と店舗がないサービスも安心できるのではないでしょうか😄

これから格安SIMの契約を予定している場合、電話やネットで手続きが完結することのメリットを体感するためにちょうど良い体験になるはずです💡

MNP転出手続きは20日頃までにしておくこと!

月末ギリギリでドコモの転出手続きをすると、DMM側の新規手続きが月末までに間に合わず、ドコモの回線を翌月も使用することになってしまいます。

新しいSIMが届く日が月をまたいでしまうと、ドコモの料金を翌月分も支払う羽目になります。
ドコモの料金は、日割り計算をされないため、1日しか使っていなくても、1か月分キッチリ支払うことになります。

そこで、DMMモバイル側の手続きにかかる時間を1週間ほど見込んで(早ければ4日くらいで手続きができることもあります)、毎月20日ごろ、遅くても23日までにはドコモへのMNP手続きをしておくべきです。

特に2019年のゴールデンウィークは、退位即位の関係で祝日が増え、いつも以上に長い連休となります。

4月中に転出したい場合は、他の月よりも少しだけ早めに、4月20日までにはMNP転出手続きをしておくことをオススメします。

MNP予約番号を取得したら、すみやかに格安SIMへ申し込むこと

MNP予約番号には有効期限があります。MNP予約番号を取得したら、すみやかに意中の格安SIM業者へ申し込みましょう!!

当サイトでは、家族全体の通信費を見直すため、1契約で3台まで通信容量をシェアできる「シェアコース」があり、業界最安の料金を打ち出しているDMMモバイルをおすすめしています。