格安SIMとインターネット

格安SIMを検討しているかたへ

大手キャリアのままだと、年間で15万円以上損してた!?

こんにちは。このサイトの管理人、テンと申します。
このサイトは、格安SIMへの乗り換えを中心に、通信費を見直すための情報を発信しています。

今後、IT化の波は日常生活に溶け込んでゆき、「通信費」は「電気代」や「水道代」と同じ「固定費」として重くのしかかってきます。
たとえ、毎月1,000円の違いでも、年間1万円以上、10年で10万円以上の差額が発生し、少しの払い過ぎも見逃せません。

実際に私は、通信費を見直すことで、毎月の出費を1万円以上抑えることに成功しています。

計算すると、年間で15万円以上お得になり、以前よりも生活に余裕を感じています。
※成功というより、今まで馬鹿正直に払い過ぎだったのかもしれません・・・💧

通信費の乗り換えには、非常に満足しています、今日にいたるまでは、失敗したり後悔したりと、マイナスな出来事もありました…💧

そこで、通信費の見直しを検討している方に同じ失敗をしてほしくないと思い、1円も見逃すことなく一番お得に乗り換える方法をこのサイトへ掲載し、情報共有することにしました。

同じ価値のサービスなら、できるだけ安く利用したいですよね😄

通信費を一番お得に乗り換えるコツ

このサイトでは、実体験に基づいた本当におすすめな情報をお伝えしています。
単に格安SIMへの乗り換えを紹介しているだけではありません。
通信費を徹底的に削減するため、家庭全体の通信費を見直すことを提案しています。

このサイトで紹介している通信費を一番お得に乗り換えるコツは、この3つです!

1 家族単位で最もお得な格安SIMへ乗り換えること 
2 家の中で使用する固定回線も見直すこと
3 家で使用する固定電話は契約しない(解約する)こと

格安SIM業者も大手キャリアと同様に、解約するは多額の違約金を支払う契約が多く、一度契約すると数年間は通信費の見直しが難しくなります。

そこで、契約前にきちんと比較することが重要となります。

☑ 安易に解約できない例
契約時後、キャッシュバック(3万円)を受け取った場合
⇒2年以内に解約すると違約金と共にキャッシュバックで受け取った金額も返済する羽目に・・・

すでに格安SIM に乗り換え済みのかたへ

もし、すでに格安SIMにしていたとしても、必要のないサービスや容量で契約していないか、厳しくチェックしてください。
契約内容と、自身の使用量をきちんと比較することが大切です。

通話時間や通信容量など、を定期的にチェックし、「通話し放題」や「大容量の通信量」など、必要のないものは縮小・解約することをおススメします。

使用方法にもよりますが、家の中にWi-Fiを飛ばせば、スマホ2台で5G程度に収まる場合もあります。

このサイトに書いていること

格安SIMのメリット・デメリット

価格重視でおすすめの格安SIM業者と光回線業者

ドコモからDMMモバイルへMNP転出する方法

DMMモバイルへの申し込み方法

DMMモバイルへ2台目をMNP転出する方法

光回線は電力系通信事業者がおすすめ。

キャッシュバックで選ぶおすすめのメガエッグ代理店

私の通信費の変遷

 

 

おすすめの事業者

当サイトでオススメしている事業者をサクッとご紹介します。 各事業者のオススメポイント(詳細)は、今後紹介していきます。

▼おすすめの格安SIM業者

・業界最安値!を宣伝している通り、どの契約プランでも最安値が期待できます。
・1契約で通話SIM3枚まで申込可能です。 ⇒基本使用料を人数分支払う必要がない分、断然お得です。

▼おすすめの固定回線業者(中国地方の方限定)

・中国地方在住の方に、価格面・サービス面ともに、最もオススメする事業者です。
・今なら新規申し込みで2万円のキャッシュバックキャンペーンがあります。
※ キャッシュバックはとても受け取りやすいです。